子どもの心の病をチェックし早期の受診をしましょう

子供でも発症する病気

ハート

大人だけの病気ではない

鬱病は大人のみの病気ではありません。実は、小学生の子供でも発症する可能性は十分にあります。しかし、子供の場合、大人の鬱病とは少し症状が違っていることもあります。どのような違いがあるのかといいますと、小学生の子供の場合は癇癪を起しやすく、奇声を出す子もいます。そのため親は手に負えず、どうしたら良いのかわからず、子供に怒鳴ってしまったり押し付けるように言い聞かせようとしたりすることもあります。しかしあまりに長い期間、おかしな癇癪が続けばうつ病を発症しているか、または病気になる手前になっている可能性があります。そのうち放置しておけば治るだろうと考えるかもしれません。しかし長引けば、症状が悪化することもあります。それでも、病院で診てもらうことに躊躇するのであれば、スクールカウンセラーに相談すると良いかもしれません。現在はどの学校にもスクールカウンセラーが就くようになっています。親はとにかく自分の子供のことを考えると、自分だけで抱え込んでしまうこともあります。相談するだけでも気持ちが晴れることや、何か解決できる方法を見つける可能性もあります。

癇癪を持つ以外にも、小学生の鬱病には、なにかしら発症するシグナルが出てきます。学校で何かしらストレスを感じている場合、学校行く直前におなかが痛くなったり、体がだるくてしんどくなるなど、身体的な症状を感じることがあります。しかし、そのストレスから少しでも解放されるとさっきまでしんどいといっていたはずが、元気になってしまい、周囲はもしかして学校を休むために仮病を表したのではないかと疑ってしまうパターンがよくあります。ですが子供は、本当にその時身体的なつらさを感じて訴えています。それが鬱病のシグナルだということもあります。中には本当に学校に行きたくなくて仮病を使う子供もいます。どちらにせよ、学校へ行きたくない原因がある状態となっている可能性があります。仮病を疑うと親は、小学生の子供が甘えていると感じてしまい、人によっては子供を無理にでも学校に行かせようとすることもありますが、それはあまり良い行為ではありません。子供が学校に行かない日が続いてしまう場合も、スクールカウンセラーに相談して話すことも一つの方法です。とにかく親のみで抱え込まずに、誰かに相談する人を見つけることで、悩みを解決させることにつなげる可能性が出てきます。