子どもの心の病をチェックし早期の受診をしましょう

家庭不和やいじめが要因

悩む子供

11歳以上になると罹る人が増加します

大人だけでなく、小学生も鬱病に罹ることもあります。小学校低学年でも、鬱病に罹ることもありますし、11歳以上の思春期の年代になると増加してきます。子供は大人とは違って、心身の不調を言葉で伝えるのは苦手です。情緒不安定になったり、涙もろくなる、イライラしやすいなどの症状が見られます。お子様の変化に気付いたら、担任の教師に相談をしたり、心療内科や精神科を受診させることが大事です。症状が重くなってくると、不登校になったり、親しい友人と会話をしたがらなくなります。心療内科や精神科のクリニックや病院は、怖い所ではなく、お子様も通院しやすい環境が整っています。小学生の鬱病は、家庭不和やいじめ、学業の不振などが原因で発症することが多いです。精神科や心療内科のクリニックでは、問診やカウンセリングに時間を掛けてくれます。お子様の普段の様子を注意深く観察をして、本人が気付いていない症状を親御さんが伝えてあげることが大事です。過度なストレスを感じている時は、十分な休息や睡眠が必要です。

現代は小学生の間でも、教師や友人との人間関係も複雑ですし、離婚などの家庭不和があると、鬱病を発症することもあります。夫婦で共働きの家庭の場合は、仕事で忙しくコミュニケーションが希薄になっているケースもあります。意欲や気力が低下して、成績が落ちてきたり、食欲不振や不眠などが見られる時は、お子様の話をよく聞いてあげることが大事です。放置をしておくと、症状が悪化してしまい、不登校などの原因になってしまいます。小学生の鬱病は、カウンセリングなどの精神療法や行動療法が中心になります。鬱病の症状が重い時は、比較的副作用の少ない医薬品を処方することもあります。お子様の場合は薬の管理をするのが難しいので、親御さんが手伝ってあげると良いでしょう。いじめなどの深刻な問題がある場合は、一時的に休学をさせることも大事です。担任の教師に相談に乗ってもらい、問題を解決することも大事です。心療内科や精神科のクリニックは、プライバシーは厳守してくれるので、安心して通院が出来ます。